鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

座奏時の足置き台について

 

座って鍵盤ハーモニカの両手弾きを行う際、最も重要なのが椅子の高さである。ライブ会場にベストな高さの椅子があるとは限らない。マイ椅子は重いしちょっと…そんな場合、会場に一つもっていきたいのが「足置き台」である。

 

 

箱はなんでも良いが、重みがある方が理想的。私は石鹸が入っていたハコの裏に、100均で買った家具用の滑り止めを両面テープで張って使用している。これを踏みつけて座ると楽器をおいている側の脚が安定する。

 

ストラップなしで片脚に楽器を置いて弾くような場合は是非お試しあれ!なお、膝の上に楽器を平置きにして弾く場合は足置き台が2つ必要だ。

 

どの楽器でも同じことが言えるが、無理のない姿勢で楽に演奏することは意外と難しく、そもそも無理をしていることに気が付かない場合がある。私の場合、この「安定しない脚」がネックであり、それを改善したところ驚くほどスムーズに全身を使って演奏することが出来るようになった。演奏がなんとなく上手くいかない場合は、どこかしら無理が生じていないか確認することをお勧めしたい。