鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

ピアニカ新モデル「P-32E」リリースについて

 

今秋、ヤマハより30年ぶりにピアニカのリニューアルモデル「P-32E」が発売されることとなった。既存のモデルとの大きな変更点は、以下の6点である。

 

・ホースが「ぷらーん」てならないよう、止めるクリップみたいなんがついた

・色がマイナーチェンジした

・ちょい軽くなった

・ちょい丸っこくなった

・値段は高くなった

・ケースの持ち手がツルんとなった

 

※その他の詳細については以下のリンク先を参照

http://jp.yamaha.com/news_release/2014/14071502.html

 

 

今回のモデルチェンジは「机に平置きしたときにホースがぷらーんてなって汚いし授業がはかどらないよ!><」「名前書くとこないからロッカーにしまったときに誰のか分かんないよ!><」といった、主に教育現場のニーズに応えたものとみられる。

 

だが…P-32のことは大好きな前提で書く。はっきりいってガッカリ度MAXである。100歩譲って我々のような365日鍵盤ハーモニカのことばかり考えているオタクの声は採用しなくてもいい。(いや、ほんとは採用してほしいけどP-32はそういう楽器じゃないってわかってるから…)でもお金を出して購入してくれるお父さんお母さんの声がまったくもって新モデルからは感じられない。ヤマハのサイトには鍵盤ハーモニカの扱いに悩むパパママからの悲痛な検索クエリは飛んでこないのだろうか。

 

「最近少子化によってシェア落ちてるから回復はかりたい(byヤマハ)」とのことだが、別に少子化のせいではなく、自分たちに近いユーザ(学校の先生たち)だけをみてエンドユーザ(こどもやお母さん)をみていない場合、結果的に他社に負け、折角モデルチェンジを試みても今回のような残念なリニューアルとなるのでは。

 

悪口を書きたい欲求はヤマヤマなのだが、同じくらい吹いてみたい欲求もあるため、所感はこの程度にとどめておきたいと思う。