鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカのアンサンブル譜について

「この曲、みんなで鍵盤ハーモニカをつかって弾きたいなぁ」と思う楽曲の鍵盤ハーモニカ専用譜が市場に存在する確率は、めちゃめちゃ低いと考えてよいだろう。アンサンブル譜なら、なおさら低い。なので自分で書かなければいけない。といってもピアノ用の譜面を単純に音域だけ変えてピアニカ用にすると、えらいことになる。なぜならこの楽器はピアノではないからだ。

 鍵盤ハーモニカが複数鳴った時にキレイな響きであるか、バランスが良いか、違和感がないか等、鍵ハモだけのアレンジに熟練された人なら頭の中のイメージで容易にできるのかもしれないが、そんなオタクはごく少数なので、耳で聴いて響きを都度確かめる必要がある。

 私がアレンジを行う際は、iphonePCに音を録音し複数のトラックを同時再生したり、以前ブログでご紹介した自分とコラボする技を使用して、複数の鍵ハモの響きを確かめている。口に2本ホースを加えて右手と左手で別々の鍵ハモを演奏する、というのもやってみたのだが、カラオケの店員さんがドリンクを持ってきたときに状況を説明しづらく気まずい雰囲気になるため、頻繁にはやらない。

 いずれにせよ、ピアノ譜を音域変更しただけでは不十分で、鍵盤ハーモニカならではの魅力が活きるアレンジにする必要がある、というのを主張したい。