鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカでのビブラート方法について

前々から書きたいと思っていた鍵盤ハーモニカでのビブラートについて。こういったメジャーな奏法の話になると、論争勃発大炎上の可能性もあるので、あくまでも様々な解釈のうちの1つとしてお読みいただければと思います。

 

鍵盤ハーモニカにおいてのビブラートは、腹筋・息・喉・場合によっては口(口腔?)・鼻(鼻腔?)などを総合的に利用して行うもの、そして「この筋肉をつかってこうやりましょう!」「これがケンハモの正しいビブラートですよ!」という決定的なものはなく、自分がやりたい音楽のやりたいビブラートに合わせて自分で考えて行うもの、であると考えています。以下は、文章だけで大変恐縮なのですが、鍵盤ハーモニカで実践できそうなビブラートとその方法を記載していきます。

 

 

■レゲエ風

腹筋や喉でどうにかする!というよりは、楽器(リード)を揺らすようなイメージで、音を震わせます。あまり顕著にやらずに、楽器の振動を感じるように行うのがコツです。

 

■ジプシー風

少しだけ腹筋を使い、息を均一に送ります。上記レゲエ風同様、楽器の振動を感じるのがポイントです。

 

■クラシック風

歌を歌う時にかけるビブラートをそのまま再現するかんじです。弦楽器のビブラートのように、はじめは波を作らず、その後極力均一な波を出すようにし、かつ、あまり息の音が入らないようにします。

 

■尺八風

頬の筋肉と圧力を使い、息に強弱をつけながらフッフッと吹きます。最後はフェードさせます。

 

■おまけ

どう頑張ってもビブラートにいたらなかった人は、自分で自分のおなかを押しながら吹いてみてください。(他人に悟られないように)これは松田昌師匠のレッスン中に、唐突に師匠が思いついて波紋を呼んだ技です。

 

 

本当は凄くビブラートの上手い奏者を探してきてバン!と動画などを貼りたかったのですが、今回はこのへんで。