鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

楽器フェア2014にいってきた!

 
f:id:pianonymous404:20141125153737j:plain

こんにちは!pianonymousです。1時間ほどしか滞在できなかったのですが、ヤマハさん・スズキさんに絞って簡単なレポートを書きたいと思います。

 

■全体所感

ケンハモ少ないよ…(涙)これは事前に聞いて分かっていたことでしたが、わりかしショックでした。ケンハモと同じくらいの社会的立ち位置(※私調べ)と思われた「リコーダー」さんや「オカリナ」さん達は企業の他にも振興会的なブースが設けられ、種類も沢山あり、負けた感ハンパなかったです。

しかし、いいこともありました。2日目はヤマハの方で妹尾美穂さん(たぶんヤマハの公式ピアニカCM的なのに出演してる人ですね)と坂上領さん(リコーダー)による演奏があったようです。聴けた方がうらやましい限りです…

 

■スズキ

ケンハモブースはこんな感じでした。

 f:id:pianonymous404:20141125153725j:plain

予想はしていましたが、例の鼈甲・カモフラアンデス推しでした。私個人的には、今後も限定カラバリばかり出されるのであれば、冒険しないで

・艶消しブラック(アクセントカラーは渋めのアンティークゴールド)

・レッド(以前限定で出したカーマインではなく、イタリアのスポーツカーにあるような)

・木目調(ガンガンに木目が浮き出ているものではなく、シンプルなオールドウッドっぽいもの)

の3パターンくらいが、演奏する音楽が違っていても汎用性高い配色で良いかと思うのですが…まぁ自分が欲しいだけです(^^;)ブースが小さく混み合っていたので、ほとんど試奏できずだったのですが、エレアコタイプのソプラノメロディオンS-27H)が一番魅力的でした。

 

ヤマハ

写真を撮り忘れてしまったのですが、例のリニューアルされたP-32EP-32EPの2台だけが展示されていました。公式説明にもあるように、確かに軽量化の効果は感じられ、顕著でした。しかしながら、私がエっ!?と思ったのは、新しいパイプは旧モデル(P-32D)に取り付けられない形だったというところ。よくよくヤマハのサイトをみると互換性ないよ!とちゃんと書いてあるのですが、それはどうなの?!計画経済とは程遠い、家電屋的発想です。本当はリードのことなど、ヤマハスタッフさんに色々質問をしたかったのですが、スタッフさん同士でずっとおしゃべりをしていたので、チキンな私は話しかけられず…あと、相変わらずパイプが抜けやすかったのはイラっとポイントでした。(みんなが試奏してるのでスポスポになってました)

 

■アウトレットコーナー

スズキさんが入り口のところで出店していました。私がM-37を背負っていたのをみたスタッフさんが「弊社商品をご愛用いただきありがとうございます」とおっしゃってくださいました。さっきのヤマハとは大違いだな

コーナーには、とある機種が山積みになって1,800という破格で販売されていました…キクタニのメロディーメイト未満の値段です。リードプレートより安いです。初めて実物をみたある機種については、裏がカートリッジ式になっていて、全部分解しなくても内部を取り出せるというのが非常に魅力的でした。ほんとうは買って帰りたかったのですが、今回は以前から欲しかった下記を購入しました。ご説明いただいた男性社員の方、本当にありがとうございました。

 

f:id:pianonymous404:20141127182410j:plain

見えてないですが、右端にはツノついてます。ツバ抜きの位置もサイズも邪魔にならなくてすごく良い。ソフトケースも昭和レトロっぽくて可愛い。音も完璧。これを爆音器に育て上げたいと思います。