読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカのアンプについて

 Hammond44やハイパーといったエレアコの鍵盤ハーモニカを利用して路上ライブなどをやっている方は必ず通過する「アンプ」問題。わたしは残念ながらそちら方面には疎く、最近まで「プリアンプて何?」状態だったので、自身の環境を簡単に紹介するに留めたいと思う。

私が鍵盤ハーモニカをつなげるアンプを選ぶ際、一番優先したのは「鍵盤ハーモニカの音が極力変わらない、生音に近い音を維持できる」そして「軽い」ことであった。店員さんや、そちら方面に明るい知人に相談しながら選んだのが下記の「THR」である。 

YAMAHA ギターアンプ THR10

YAMAHA ギターアンプ THR10

 

 

▼公式サイト

http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/guitars-basses/amps/thr/?mode=series

 

YAMAHAから出ている比較的あたらしいギターアンプで、ライブでガンガン!というよりは、おうちで練習したり路上ライブで使ったりすることを想定しているっぽい。電源を入れるとなぜかボワっと真空管アンプみたくライトが点灯するという謎のこだわり機能がついている。音は非常に綺麗で、電池で稼動するので持ち運びをすることも出来る。また、こんなにいらねーというくらいエフェクトがついており、これを触るだけで2〜3時間は軽く遊べる。音はいずれ動画でUPしたいと思う。