鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

音をデクレッシェンドしながらベンドをかけることは可能なのか

鍵盤ハーモニカで音をデクレッシェンド(少しずつ小さく)しながらベンドをかける練習をしている。ベンドの方法については以前下記の記事で述べた通り。

 今回、きっかけとなったのはFacebookページでRotan君と交わした以下のやりとりである。

 f:id:pianonymous404:20150220122729j:plain 

私が以前の記事で提案した方法だと、息でベンドしようが指でベンドしようが、ベンド時には少し音が大きくなってしまう。しかしベンドをかける度に毎回そのようになっていたのでは、表現としてよろしくない。

 なので、音量が大きくならないギリギリを狙って(正確には指の調整をより繊細にして)ベンドをかける練習をすることにした。いやぁ無理ゲーでしょう、と思いきや、これが意外と(たまに)出来る…!より繊細に動かせる指(親指・人差し指等)かつ特定の音域に限るが、慎重に慎重に指をあげて、息の量を増やすのではなく圧を高めるイメージで息をいれると、デクレッシェンドとベンドを同時に実現することができる。また、全然まったくちっとも理論的ではないが、かかれ!と念じると出来たりする…。

こればかりは練習と経験あるのみだと思うので、自由自在なベンディングを目指して努力したい。

関連記事