読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

日本で初めて鍵盤ハーモニカを開発したのはどこなのか問題について

先日のPC-1分解レビュー以降、気になりはじめたので、頭の中の知識を整理してみました。

www.pianonymous.com

 

日本で初めて鍵盤ハーモニカを開発したのはどこなのか

まず、「ピアニカ」をヤマハのOEMとして販売している東海楽器のHPによると、

 

1961年に当社が開発したピアニカ
学習教材などで広く親しまれ
奏法の応用性、携帯性など
数々の魅力を持つ楽器です
音域が広く、低学年から高学年まで幅広く活用できます
 

 とあります。

 

さらにスズキが最初に販売したスーパー34が開発されたのは、鈴木楽器の特設サイトによると
◎スーパー34 (1961〜1972)
スーパー34
世界の鍵盤ハーモニカ第一号となったのがこの「スーパー34」です。
技術者と職人によるアイディアと巧みの融合ともいえるモデルです。
メロディオン50年の歴史上、最も輝かしいモデルです。
 

 

あら、同じ1961年。
 
東海楽器側のインフォメーションが大幅に不足しているので、どちらが先か…というのは今のところ判断しがたい、というのが私の見解です。東海は現在も細々とケンハモを販売してはいますが、これ以上手を広げる気はなさそうなのが個人的には残念です。…あなたが本気を出したら変態ケンハモ沢山作れるのを私は知っている。(笑)
 
 
追記:
足立庄平社長のFBをフォローしてみたのだが…ギターネタばっかり。(ノД`)・゜・