鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

リードの削り具合(力加減や切削回数)や使用工具

鍵盤ハーモニカのチューニング(調律)を行うにあたり、

「どの程度の力加減で、どのくらいの回数カリカリしていますか」という質問をいただいた。
リードの柔らかさは機種によって全然違い、Hammondシリーズなどは非常に柔らかい材質をしている。


以下、私の場合だが、感覚値を具体的な日本語にしてみたので
参考にしていただければと思う。

鍵盤ハーモニカのチューニングについて分かりやすく解説しているサイトがあまりないので、
ハーモニカなどの調整動画をyoutubeで見ていただくとベストかもしれない。

また、電動やすり等は使用したことがないため、割愛させていただく。


---

 

★どのくらい削るの?
→「削る」というよりは、「傷をつける」くらいの感覚でやっている。


★力の強さは?
→やすりで自分の爪をお手入れするときくらいの力加減。
削る深さは、もともと付いている工場でつけられた傷と同じくらいにする


★何回くらいカリカリするの?
→「2〜5」カリカリ。
これは本当に人によるので、まずはじめは楽天などで変える中国製の安い鍵盤ハーモニカや、
折れてしまったリードプレートで練習していただくことをオススメする。


★道具は何をつかっているの?
→島忠ホームズで260円程度で購入した「半丸・ダイヤモンドヤスリ」。
ピッチを上げる時も、下げる時もこれで対応。