鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

【満員御礼】長野伊那谷ケンハモナイト出演後記

私の鍵盤ハーモニカ人生において非常に重要で幸せな一夜が終わってしまいました。

f:id:pianonymous404:20160628112810j:plain

10年以上前から憧れ続けた「ケンハモナイト」にゲスト出演させていただきました。初出場でいきなりのトリをつとめることになり(どう考えても順番おかしいやろ)あまりに恐縮で恐縮でそのまま伊那谷の土にめり込みそうでした…

 

ソロステージ本編では、私が夏秋"仙人"文彦師匠をイメージして書いたオリジナル曲「仙人の昼寝」を、なんとご本人と共演するというシーンがありました。さすがはお師匠、完っ全にご自身の曲にされておりました…そして本当に昼寝していましたねwww師匠があまりにもプログレすぎてグレッグレだったので、私も負けじとキレッキレで頑張りました。

 

また、今回共演してくださったミュージシャンの皆様は、同僚愛、姉妹愛、友人愛…様々な力のある
独自の鍵盤ハーモニカというものをを聴かせてくださりました。
特にカリスマキッズトリオのステージは本当に凄かったです。まず、小学生の音楽教室でありがちな童謡や唱歌のカバー等ではなく、完全なる「鍵盤ハーモニカのためのオリジナル曲」を披露されました。これだけでも凄いのですが、フィンランドあたりの映画監督からオファーがあっても良いようなアンビエントかつ抒情的で、ところどころにシュールなセンスも交えた、圧倒的神曲でした。
奏者それぞれ「これが自分の思う良い音だ」というのを完全にマスターしており、パフォーマンスの落ち着きや魅せ方も含めて、「アーティスト」という感じでした。

 

そして終盤、ケンハモナイト恒例の大セッション大会。もしかして私以外、全員打ち合わせしていたのか?!というくらい、皆様凄まじいポテンシャルをみせてくださり(おかしいくらいカスタネットが上手い人やギターのグルーブが半端ない人がいて五度見したwww)曲が終わるときはひじょ~~~~に悲しかったですT-T

 

シメには、兄弟弟子のヨウコさんと師匠と私の3人で、師のオリジナル曲「家路」を演奏して、長い長い一日の幕が閉じたのでした。

 

*

 

今回、ほかの出演者さんおよび私のお世話でとても多忙だった夏秋師匠。
オーガナイズから司会進行、事前準備にいたるまで一日中カオスだったにも関わらず、一人一人を大切にしてくれ、ずっと気を配ってくれました。ここには書ききれない沢山のご配慮をいただいて、帰りの高速バスではちょっと涙が…美味しい美味しい「土ころ」のパンを頬張りながら、本当に幸せな「家路」となりました。


心より感謝。