鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

ローランドカークのHOHNER Melodica広告について

私の好きな鍵盤ハーモニカやフリーリード関係の広告は沢山あるのですが、(特に60年代前後に集中しています)その中でも特に気に入っている広告を一つ紹介したいと思います。
盲目の管楽器奏者ラサーン・ローランド・カークがHOHNER Melodicaを構えている広告となります。

f:id:pianonymous404:20170929103625j:plain


彼を起用したこと自体、もうHOHNER本社方角に足を向けて寝られないほど素晴らしいことなのですが、少しそのキャッチにも注目してみました。

以下、キャッチコピー全文の転載です。(写経!)

 

 

 

E PLURIBUS MELODICA
International jazz star Roland Kirk composes, improvises, and performs on a dozen instruments, but concentrates more and more on the versatile Melodica.


M.HOHNER INC., Hicksville, L.I.

 

 

 

 

「E PLURIBUS」という言葉はググっても意味が出てきません。が、ラテン語を語源とする「e pluribus unum(=多数でできた一つ/米国が多数の独立した州によってできていることを表現した公的印章に刻まれている標語)」という句をもじったコピーなのではないか?と考えています。

 

ちなみに英辞郎には

e pluribus unum:〈ラテン語〉多くから作られた一つ◆米国国璽およびアメリカの硬貨の多くに刻印されたモットー。1776年にBenjamin Franklin, John Adams, Thomas Jeffersonによって大陸会議のために選定し、その6年後に正式に採用されたもの。多数の植民地が集まって一つの国家になったことを表している。

 

と記述があります


つまり、私の主観バリバリ意訳ゴーゴーで恐縮なのですが、「様々な特性が集約されて一つになった楽器」をさしているのではないでしょうか?

 

 

胸・熱・感・涙

 

 

さらにその後もGoogle翻訳に頼りながら解釈してみますと
「国際的なジャズスター、ローランドカークは、作曲、即興演奏、そして数十という楽器を操り演奏しますが、多彩なMelodicaにますます心を注いでいるようですよ。」
…こんなかんじでしょうか?

 

以前PC-1のパンフレットをご紹介したときも、昔の人がこの楽器に託した思いに心震えていたのですが、この広告からも開発者や企画者からの夢や熱い想いというのが沢山伝わってきて、記事を書かずにはいられませんでした。


現在にはない、楽器への希望を感じられる素晴らしい広告のご紹介でした。