鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

小学校で鍵盤ハーモニカ公演(コンサート)をやってきた!の巻

f:id:pianonymous404:20141031192106j:plain
 
有給をとって、ピアニカ前田師匠と共に滋賀県にある市立の某小学校で鍵盤ハーモニカの公演(コンサート)を行ってきました。
 
校長室で給食を食べていると、高学年の男子生徒7名達が「サインくださいーーー!」と紙とペンを手に乱入。早速イケてるぜ、君たち。サインをもらった彼らは「LINEのグループで写真UPするわ!」みたいなこと言ってて、デジタルネイティブ感半端なかった。笑
(そういうイベント事の時に「よし、じゃあサインもらいに行こうぜ!」って思いつくような子は、絶対これからも面白いこと思い浮かんで、すぐやっちゃうのだろなーなんて思った)
 
本番前、メイクをしていると、中学年の女子生徒達がトーテムポールみたいな感じで校長室を覗き見。あまりにトーテムが可愛かったので「わたしが後で体育館に入場する時に手ふってね!みんなのこと探すから!」といったところ、みんな拍手してる中で本当に手をふってくれて、400人の中から彼女達を見付け出すことが出来た。女同士の約束、果たされる。
 
コンサートはジブリ楽曲を中心に、アンコール含め13曲を演奏した。ロック風だったりボッサ風だったりポルカ風だったり…かなり大人向けというかオシャレアレンジだったが、慣れないリズムでもこどもたちは手拍子を頑張ってくれてありがたかった。わたしはソロコーナーをいただけたので、運動会の定番曲「コメディアンズギャロップ」を演奏。一人一人の反応や動きが本当に面白くて、あっという間の一時間であった。
 
演奏後は、中学年の可愛い女子生徒達が校長室までやってきて「どうすればピアノが上手くなりますか?キレイな音はどうやって出すのですか?」と聴いてきた。思わず「わたしも知りたい!」と言ってしまったが、それでは社会的責任を放棄しているため、「練習も勿論大事だけど、まずは好きな音楽やミュージシャンをさがそう!家や車の中でCDをきいたり、お父さんやお母さんとyoutubeみたりして、好きな音楽をみつけよう!いい人がいたらその人をマネしてみよう」と回答した。答えになってるだろうか…
 
なお、この小学校界隈は水がとても美しい環境にあり、驚くほど空気が澄んでいた。校舎や校庭も広々としていて、これまで接した他校のこどもたちに比べ、リラックスしているというか、のびのびしている印象を受けた。変に良い子ぶっている感じや、ストレスで萎縮している雰囲気がなく、先生方も温和で穏やかな方が多かったように思う。
 
小学生では数ヶ月後に音楽発表会を控えているそう。今はちょうど楽器パートを決めてる段階らしいのだが、ピアニカは、難しい割にレア感もなく、あまり人気がないらしい。逆に人気があるのは木琴とかアコーディオンとのこと。だよね…難しいよね…わかるわかる…アコーディオンかっこいいよね…しょぼーん(´・_・`)今日の公演を経て、鍵盤ハーモニカあるいは音楽へのモチベーションが少しでも高まったらいいな。
 
先生方、小学校のみんな、保護者の皆様、学びの多い時間を本当にありがとうございました。また会いたいです!