読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

東海楽器pianika(PC-1)について(続編)

 

 以前レビューをあげた東海楽器のPC-1について。

私の中で世界最強のケンハモマニアであるAlan Brinton氏が当該機種を手に入れ、分析してくださったので、分かったことを箇条書きで追記したいと思う。

・1961~1967製造。(やはり私のヨミは当たっていた!)

・リードは、一音ずつ別々タイプじゃなくて、現在と同じプレートタイプ

・だいたい5音くらいでプレートが切れてる

 

そして私が怖くて剥がすことが出来なかった接着されている部分はこちら。

 色々衝撃的…クラヴィエッタを開けたことがないので、なんとも比較できないのですが、Alan氏の考察を翻訳できたら本記事に追加UPします。