読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

両手弾きプレーヤーのホース事情(4/4)改善案編

 

一通り迷走したところで、ホーサーの明るい未来へつながるポジティブな提案をしたいと思う。

 

(1) 超マルチフレキシブルホース案

第一に提案したいのは「ホースの上の方と下の方で曲がりやすさが違う」ホースである。口に近い方は曲がりがよくて、ピアニカに接続してる方は硬い。(接続ソケット?みたいなんも市販されてるらしいがあれはちょっと違う)

 

ある程度硬さがあれば噛み締めてホースが落ちないようにキープする必要はなくなり、また口にあたるところに柔軟性があれば自由に稼働できる。曲げたときにバネのようなレスポンスが起きる素材をイメージしている。むしろホースの中にバネが含まれているような感じだ。

 

さらに、口で引っ張るとある程度長さが伸びるとありがたい。ホースをピンピンにさして息を一気に送りたいときと軽く緩めて弱い息をあてたいときがあるため、伸縮性があると表現の幅が広がる。

 

 

(2) ストリートミュージシャンが使ってるアレ案

さらにオプションとして口からも息を吸いたいので、アコギ片手にハーモニカをふくストリートミュージシャンが使ってるアレ(名称不明のハーモニカ固定装置)でマウスピースを口元に固定したい。ただし銀色は嫌なので(歯を強制するときのヘッドセットみたいだから)透明かつ細い、Appleから出そうなかんじのデザインで!

 

(3) 超抗菌案

口に当たるところおよびホース内部の抗菌を衛生大国の日本ならもっとできるはず!

 

 

ホースを使用した楽器は、鍵盤ハーモニカとハーモニックホースくらいであろう。なかなかスポットの当たらないところなのだろうが、ユーザサイドの意見を積極的に発信していきたい。

 

これにてホースネタ終・了!