鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカをミュート(消音)させる方法

鍵盤ハーモニカにハマると誰もがやりたいと思うのが、楽器のミュート(消音)である。

 

筆者はミュートできるタイプの楽器というのは市場でみたことがない。おふとん被って吹く、ツバ抜きを少し緩める、ホースやマウスピースから息を漏らしながら吹く…とかもあるが、おそらくこのページにたどり着いた人は、楽器そのものを消音楽器にしたい、という意図であろう。ある程度なら改造でミュートすることが可能なので、下記に方法を紹介したいと思う。いずれも自己責任で…

 

■リードを狭める(上級者向け)

リードをマイナスドライバーでぐいぐい押して、少しの息でも反応してくれるよう改造する。ただしこれは本当に慎重にやらないと、いとも簡単に無音楽器になってしまうので、普段からアゲミ調整をガンガンやっている人向けである。特に高音部は職人技を要するため、くれぐれもご注意願いたい。

 

■楽器内部にスポンジを仕込みまくる

100円均一などで、窓の結露を防止したり、扉の開け閉め時に「ピシャっ!」といわないようにする、いわゆる両面テープ付のスポンジのようなものが売っている。あれを活用し、楽器内部の仕込めるところ全てにスポンジを入れまくる。鍵盤の裏(注:タッチも変わるよ)や、リード室の中など…物理的には共鳴しなくなるので当然音は小さくなるはずだが、実際は気休め程度と思った方が良い。

 

※追記(2014/11/14)

わたしはピアニカ前田の伴奏を行う際に、リードの開きを狭め、音量を小さくした楽器を使用している。動画は記事で確認できるので、どの程度の音の違いが実現できるのか、ご確認いただければと思う。

※追記(2014/11/17) 「カームフレックス」という鍵盤ハーモニカの消音に最適な商品を見つけた。 どうやら自動車用品らしいのだが(具体的に自動車の何に使うかは不明) シート状で吸音性のあるスポンジに両面テープがついている。 https://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%80%80&lr=lang_ja&gws_rd=ssl 本体ボディの裏側に貼りつけると、それなりの効果が感じられた。