読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

メロディオンのリードプレート比較

若手ケンハモ仲間の設樂氏に、酒の肴的な画像を送ってもらった。

 f:id:pianonymous404:20141201172129j:plain

(※我々はメール・メッセンジャーなどで日々こういう画像を送り合いっこしている)

 上から順番に

 ・Hammond44

 ・V2

 ・M-37C

のリードプレートであり、上2つはテーパーリードである。「テーパー」とは「先が細くなってるよ(例:テーパーねじ)」という意味であり、その名の通りリードの先がM-37のリードに比べると細くなっている。このように3つ並べると、テーパーリードの撥水性や防錆加工は優れてるんだなぁ…と感じる。

 細かい息にも反応してくれ、音も大変きらびやかで美しいテーパーリード。対し、M-37のリードは、削ったその位置からどんどん錆が発生し、インターネット上ではお見せできないえげつない状態になっている人も多数いる。だが、こまめに蓋をあけ、水分を拭き取ることで地獄絵図を未然に防ぐことができる。私はテーパーリードの音を大音量で長時間聴いているとちょっと疲れてしまうため、M-37の丸い音が耳心地良く一番気に入っている。