読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカを演奏するときの爪の長さとケアについて

鍵盤ハーモニカに限らず、指を使う楽器をやっている以上、避けては通れない爪問題。どのような長さにすべきか悩ましいところです。適度な爪があった方が弾きやすいという方もあれば、深爪気味にしないと落ち着かない、という方もいます。

私は昔から深爪にしたいタイプで(ミスタッチした時なんかにこれは爪のせい!と責任転換しないように、またグリッサンドで爪が割れて血が出たのがトラウマで)、全指ほぼ正方形のような形の爪をしています。本番前など気になってしまうこともしばしばなので、鍵盤ハーモニカのケースと共に、いつも爪切り&やすりを持ち歩いています。また、私の師匠であるピアニカ前田も、だいぶ短く切っていて、私以上に深爪です。

鍵盤ハーモニカの場合、ピアノ等とは違い、鍵盤のバネのレスポンスを指の腹で敏感に感じ取ることが非常に重要なので、指の腹が自由な方が弾きやすいのかな、と考えています。

学生の頃は、皆が細くてしゅっとした長い爪に可愛いネイルアートをしているのが羨ましかった時期もあります。爪が短いと、ネイルアートをしても「お母さんのマニキュア塗ってみた小学生状態」になるため悩ましかったのですが、最近は短い爪のアートが得意なネイリストさんも沢山いるそうなので、爪が短くても指先のおしゃれを楽しみたい!という方はお気に入りのネイリストさんを頑張って探してみてください。