鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

息・ブレスコントロール

南川朱生の鍵盤ハーモニカゼミ2017

◆鍵盤ハーモニカゼミとは?基本的なテクニックから、特殊奏法、調律、メンテまでを網羅した「これから鍵盤ハーモニカの基礎を習得したいプレイヤー」および「ある程度鍵盤ハーモニカを極めており今後さらに深く学びたいプレイヤー」を対象にした、全2回(あ…

鍵盤ハーモニカ指導におけるタンギング問題について論文インタビューを受けました

鍵盤ハーモニカ指導に関する論文を執筆中の大学の現役研究者「J・O様」より「教育現場でのタンギングの必要性」についてインタビューをお受けいたしました。わたくしのような底辺の自称研究家が本業の方にインタビューを受ける日が来るとは…お恥ずかしい限…

Daren Banarse氏と3Dプリンターで制作した鍵盤ハーモニカについて

愛好家の皆様は、Daren Banarsë氏をご存じだろうか。世界の鍵盤ハーモニカシーンにおいて、間違いなく大きな功績を残している素晴らしい人物である。 ロンドン在住の彼は、プレイヤーとして活躍しているほか、世界一の鍵盤ハーモニカ情報サイトMelodica Worl…

鍵盤ハーモニカでのフラジオレット(フラジョレット)について

フラジオレット(フラジョレット)という奏法をご存知だろうか。 以外wikiより フラジオレットまたはフラジョレット (flageolet, flagioletto) は、西洋音楽において、楽器のフラジオレットのような柔和な音を出すべく、(フラジオレット以外の)楽器を通常…

鍵盤ハーモニカでの循環呼吸その後

去年の今頃、循環呼吸エキスパートである夏秋"仙人"文彦さんに呼吸方法をご伝授いただきました。 あれから細々と練習を重ね、単音で循環させることが出来るようになりました。但しできるか否かは使用機種にかなり依存します。 私の場合、スズキのスクール34…

メロディオンのフレキシブルマウスピース(MP-161)について

hammond44シリーズを購入するとついてくるフレキシブルタイプ(グースネック)のマウスピース(MP-161)について。 ▼メロディオン フレキシブルマウスピース(MP161) 単品で買うと3,000円程度と結構なお値段がするにも関わらず、とても人気で使用奏者も増えて…

鍵盤ハーモニカで極小さい音を出すには

鍵盤ハーモニカで超小さい(けれどもちゃんと響いている)ピアニッシモを出すには、フォルテを出すことに比べ、かなりの訓練が必要である。どんな楽器でも小さく美しい音を出すことは難しいが、自分がやってきて学んだポイントをいくつか紹介したいと思う。 …

音をデクレッシェンドしながらベンドをかけることは可能なのか

鍵盤ハーモニカで音をデクレッシェンド(少しずつ小さく)しながらベンドをかける練習をしている。ベンドの方法については以前下記の記事で述べた通り。 <a href="http://pianonymous404.hateblo.jp/entry/2014/12/15/%E9%8D%B5%…

鍵盤ハーモニカでベンドを行う方法

以前より記事にしてみたかった、鍵盤ハーモニカでベンドをする方法についてまとめたいと思う。※ベンドはリードに負担のかかる奏法なので、くれぐれも自己責任でお願いします。 ベンドをかけるには大きくわけで2つの方法がある ■息だけで行うブレスベンディ…

鍵盤ハーモニカでのビブラート方法について

前々から書きたいと思っていた鍵盤ハーモニカでのビブラートについて。こういったメジャーな奏法の話になると、論争勃発大炎上の可能性もあるので、あくまでも様々な解釈のうちの1つとしてお読みいただければと思います。 鍵盤ハーモニカにおいてのビブラー…

鍵盤ハーモニカ指導時のタンギング問題について

鍵盤ハーモニカそのもの、あるいは奏法やメンテナンスについて不安のある先生方は是非「鍵盤ハーモニカゼミ」をご受講ください。http://www.pianonymous.com/entry/2016/12/01/semi2017 鍵盤ハーモニカ奏者同士が集まると、度々話題となる「タンギング問題」…

鍵盤ハーモニカでのフラッタータンギング動画

先日、フラッタータンギングの奏法と練習方法を紹介したが、結構オーガニック流入があったため、実際にやったところを動画にとってみた。 ▼鍵盤ハーモニカでのフラッタータンギング http://www.youtube.com/watch?v=lGBXysWWW-Q 1回目は普通に吹いて、2回…

フラッタータンギングの練習方法

私は鍵ハモのフラッタータンギングが大・大・大好きである。かっちょいい上、やっているときが最高に気持ちいい。やり方はいたって簡単で、巻き舌で息を送るだけ。以下、3年前に私が考案した練習方法である。 ※今までフラッターが出来なかった友人がこの方…