鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ~日本最大級の鍵盤ハーモニカ情報サイト~

持ち方・構え方・ポジション

南川朱生の鍵盤ハーモニカゼミ2017

◆鍵盤ハーモニカゼミとは?基本的なテクニックから、特殊奏法、調律、メンテまでを網羅した「これから鍵盤ハーモニカの基礎を習得したいプレイヤー」および「ある程度鍵盤ハーモニカを極めており今後さらに深く学びたいプレイヤー」を対象にした、全2回(あ…

「両手弾き」を巡る議論について問題提起など

今、海外の一部のケンハモオタ友の中で議論になっているトピックが「ストラップとホースを使わずに両手で吹くには?」。 わ か り す ぎ る !!! ストラップもホースも本来はいらないというか、演奏する上で弊害でしかない…我々はもっと楽に両手で吹くため…

HOHNER Melodica Jubileeについて

借り物ではございますが、50周年記念限定モデルのJubileeを了承を得て開腹してみました。あまり時間がなかったので、簡易的なレビューでお許しください。 Jubileeと聞いてピンとこなかった方も、下の画像を見れば「ああ!あのときの!」と思い出すかと思いま…

鍵盤ハーモニカで両手弾きをする際のコツ・ポイント

ここ数年で、鍵盤ハーモニカのメジャーな奏法の一つになりつつある、左手を逆手にして演奏する通称「両手弾き」。近年では多くの奏者・愛好家がこの奏法を取り入れ実践している。筆者も両手弾きをウリにしている奏者の一人であるので、本編では両手で弾く際…

ストラップを使用した鍵盤ハーモニカの新しい持ち方

両手弾きのための、ストラップを使用した鍵盤ハーモニカの持ち方(背負い方?)を新たに開発しました。アコーディオンのようでとてもかっこよいと自分では思っておりますが、ビョルン(※)っぽさはぬぐえません。演奏のかっこよさでフォローしてください。 ※…

ハンドストラップの位置について

キクタニメロディーメイトの後編記事は、ただいま動画撮影中のため一旦お休みとさせていただき… ふと、鍵盤ハーモニカのハンドストラップって、どうしてあの向きなんだろう?と思った。あれは順手で持つ分には良いのだが、その他の持ち方だと全くもって意味…

鍵盤ハーモニカの持ち方について(7/7)まとめ

「鍵盤ハーモニカの持ち方について」シリーズは本記事で最終となる。最後に私自身の持ち方を紹介したいと思う。 ■両手/座奏/膝縦置き ミュゼットの女王 by pianica @ kunitachi 片足に乗せ、左手の掌・手首・親指を使い分けポジションを固定している。椅子の…

鍵盤ハーモニカの持ち方について(6/7)平置き

小学校での音楽の授業などでは平置きで演奏することが多いかと思う。 ■両手/座奏/膝平置き ホースの長さが大人向けではないため、基本首と腰が痛くなる。 ■両手/座奏/机平置き 私の憧れているsuguru itoさんスタイル。 Suguru Ito improvising on Csárdás th…

鍵盤ハーモニカの持ち方について(5/7)ストラップを使用した両手持ち

2014/09/29追記: 実際にストラップを使用して両手で弾いている動画が見たい!とのご要望をいただきましたので、デモ動画を作成してみました。Hammond44にギター用のストラップを装着して演奏しています。 練習動画1 - YouTube 筆者をはじめ、世の中には鍵ハ…

鍵盤ハーモニカの持ち方について(4/7)半逆手

半逆手という言葉は正規表現ではない。逆手のように手首への負担はあるものの、ある程度の視認性や楽器が揺れないような安定感はキープできる。 ■片手/立奏/半逆手 この写真だとあまり半逆手感が再現できていないが・・・順手と逆手の間くらいのスタイル。Medes…

鍵盤ハーモニカの持ち方について(3/7)逆手

逆手について。逆手は多少手首への負担があるものの、客席からの見え方が美しく、腕の重みを調節したり、指先のコントロールがとりやすいというメリットがある。 ■片手/立奏/逆手 これは、わたしの師であるピアニカ前田氏のスタイルだ。オーガスタス・パブロ…

鍵盤ハーモニカの持ち方について(2/7)順手

本回では主に順手持ちについて記載していく。順手は手首に負担がかかりにくく、見た目的にも大変美しい。オススメの持ち方です。 ■片手/立奏/順手 小学校で教わった、一般的な持ち方。いわゆる大手の国内メーカーが推奨している、バンドに手を通した状態での…

鍵盤ハーモニカの持ち方について(1/7)

鍵盤ハーモニカの持ち方について(序文) 鍵盤ハーモニカの持ち方に関しては、誰もがまず悩むところである。時に手首・肩・首・腰を痛め、時に視認性が悪くミスタッチをし、一通り迷走する。 そんなアリナミン必須の迷える鍵盤ハーモニカファンの皆様のため…